スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第52回目 宅建試験に3ヶ月で合格する方法~過去問の使い方~

宅建試験に3か月で合格する方法~過去問の回転~



前回は科目の全体スケジュールに関して各科目に割く割合について述べましたが、



今回は具体的な勉強法をお伝えいたします。



やり方については以前の記事でもお伝えした通り、
<3か月合格の鉄則②>過去問の正文化と繰り返し(回転)。これに尽きると思います。




①過去問を購入する



当然のことですが念のため記載しておきます。
大きめの書店に実際足を運び購入しましょう。ポイントとしては、過去問はページをめくって自分の目でレイアウトや、購入後の使い勝手等イメージするため必ずいくつかの出版社から出ているものと比較をしながら、購入しましょう。




②過去問の正文化を全選択肢分行う


この工程が大切です。



<重要>全選択肢の正文化を直接、過去問に書き込みます。




↓の2枚の画像は今勉強している行政書士の問題ですが、イメージとしてはこのような具合です。

201508042228100c0.jpg


2015080422280586b.jpg


このステップでは特にガッツリ重要事項や問題解きをする必要は全くないです。解答を見ながら正文化し、ページを開けた時、一目でどの選択肢がどういう部分でどういう理由から×なのか、というのを分かるようにすることがポイントです。



③過去問を回す


上記②で正文化した過去問をひたすら回します。


ここでのポイントは問題を解くというより、過去問を「読むこと」。そのテーマ、問題のねらい、重要事項をそのまま頭に刷り込むというイメージです


回転数のノルマは特にありませんが、最終的には本番の試験で使える知識として頭に吸収しておくことが大切です。そのため実際に過去問を開かなくても頭の中だけで、正文化したページを出力できるようになるまでトレーニングすることをおススメします。
スポンサーサイト

第37回目 勉強記録用のタイマーを買ってきました。




私はいわゆる「ながら」勉強が非常に多く、正確にどのくらいの時間、勉強に充てているのかを確認するため改めてキッチンタイマーを買ってきました。




Canon キッチンタイマー CT-40

20150707225835fc2.jpg



↑ビックカメラで1,000円ぐらいするものです。




利点はアラーム音のオンオフを切り替えられることです。外出先でも周りに迷惑をかけずしっかり時間が計れます。




私の時間管理法としては30分を一つのタームとして時間を区切っています。




1時間だと長すぎて集中できず、自分が一番集中できる時間の幅として30分を目安としました。




軽く勉強する時はこの30分を目安にするのですが、がっつりやるときには、




30分勉強、10分休憩、30分勉強、10分休憩・・・・を繰り返し、勉強時間が2時間になった時これを1タームとしてカウントしています。




だらだらやるよりか、時間を決めてその瞬間はしっかり集中して取り組んだほうが圧倒的に成果が出ますし、勉強した成果を視覚化することで自分のモチベーションアップにもつながります。




宅建などの択一式の過去問を解くときなどにおススメです。

第36回目 Studyplusとtwitterを連携させてみた

勉強法のカテゴリに入れてみました。


英検の試験もひと段落を終え、改めて自分の勉強記録の付け方を反省してみました。


そして、自分の勉強時間の管理と、モチベーション維持の2つについて何か良いツールがないかと模索していた時、とあるブログの記事にて「Studyplus」のことを知りました。






Studyplus(リンク張ってます)は勉強の記録ができ、かつそれを共有することで同じ科目や試験を勉強している仲間と相互で交流ができるSNSサイトです。


自分が今やりたい教材から設定できるので、その教材に対する進捗度もチェックできます。


何よりも驚いたのがこんなにも自分の周りで勉強している人がいるということです。


自分の勉強管理もできますし、モチベーションをあげるのにももってこいのツールです。


さっそく「瞬間英作文トレーニング」を登録して1時間ほど勉強しました。


いつまで続くかわかりませんがとりあえず2015年はこれで頑張りたいと思います。


またtwitterとも連動しています。是非フォローお願いします⇒⇒⇒⇒


宅建の勉強法について⑤ 16回目

今回は模試についての考え方についてご説明いたします。


結論から言うとズバリ模試を受講することは不要です。



正確にいうと、模試なんか受けなくても合格する、ということです。










私は勉強期間が約2か月間しかなく、


「模試を受ける余裕がなかった」ため、模試は一度も受けたことはありません。


そしてそもそも模試を受ける意志さえありませんでした。




しかし、よく合格体験記等で模試の重要性を書かれているケースは多いです。



私自身もそういったことを聞いたり、見たりしていたため、少し心が揺れました。



実際試験を受けた感触としては、ほぼ「過去問どおりの出題傾向」で、難易度も「通常テキスト、近年の過去問とほぼ同等」だったことから、結果論にはなりますが、模試を1回も受けなくても余裕をもって合格することができます。



逆は言えば、模試なんてものはその時点での自分の実力を図るための指標みたいなもので、結果が悪くても、試験日にほぼ知識をMAXの状態までもっていけばいいだけで、怯えたり、不安にかられる必要は全くありません。



寧ろ、模試の結果で一喜一憂してしまい、その後の勉強の姿勢に悪影響を与えてしまうことを全力で避けるべきです。



あくまで、試験当日に知識レベルを合格最低点以上にもっていけばいいだけのことです。


宅建の勉強法について④~ノートについて~ 15回目

いよいよ今年度より宅建資格が「士業」へと格上げされました。


平成27年度の宅建試験は「宅建士」になり初めての試験となります。


士業移行による問題難易度の上昇や、出題傾向の変化などが想定されますが、基本的な学習スタンスとしては過去問中心であることは大きく変わらないと思います。しかし、以前の記事でも申し上げましたとおり、普段の学習において正誤にあまりこだわるのではなく、一つ一つの選択肢の理解、知識吸収に重点を置くべきです。



ここで過去問を解く上での工夫ですが、今回タイトルにも掲げました通り、「ノート」についてご教示できればと思います。






定義:「ノートは作らない」









理由①情報の一元化

⇒重要テーマ、間違えやすい問題等についてノートにまとめたいという方もいらっしゃると思いますが、デメリットとしては復習が億劫になります。試験の特徴等を踏まえますと、必ず何回も繰り返し記憶を定着させていくことが必須です。そして、そのためには問題や重要テーマの事項を何度も見直しを行うことが必要です。

復習をする際、ツールはなるべく最小限にしましょう。ノートを作ることや、そのまとめ方にこだわって時間を浪費し、結局知識が定着しきれてないという事態を防ぐためにノートづくりは不要です。


理由②勉強における環境面

⇒ズバリ、人間はめんどくさがりやです。勉強しようと思ったけれども、肝心なノートがない、テキストが見つからない・・じゃあ今日はやめよう・・・。みたいな経験は誰しもあると思います。

人間は本能的に苦しいことから楽な方向へ誘導されます。となれば、勉強にも活用しちゃいましょう!勉強する気がそらされるのをできる限り少なくするために勉強に必要なツールを最小限にしましょう。



★工夫★

必要な情報はなるべく普段持ち歩くあるいは使用する過去問集、テキストに直接書き込みましょう。


問題の選択肢に正文化、補足情報・知識を同時に書き込み、ページを見た瞬間一度にその知識を吸収し、頭に刷り込むという感覚です。


コツとしては選択肢やページ一つ一つに時間をかけるのではなく、多少分からなくてもどんどん先へ進めて繰り返しを行う回数を増やすことです。








プロフィール
はじめまして!ブログ初心者ですが、よろしくお願いします。 首都圏在住 20代 リーマン

saya

Author:saya
はじめまして。
勉強記録や書評、乃木坂46のことを書きます。

【趣味】
・テニス
・音楽鑑賞
・読書(1か月10冊を目標)
・日本史、世界史
・乃木坂46

【TOEICスコア】 
2014年1月 710
2014年3月 705
2015年1月 730

【保有資格】 
2014年 宅建

【2015年の目標】
・行政書士試験合格
・英検準一級合格
・日本史検定、世界史検定

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
sayaさんのtwitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。